保険のことはプロにお任せ|お願い保険の先生!

employee

負担を掛けない

保険見直し術は家計全体の引き締めの後に考えましょう

毎月の住宅ローンや子供の教育費用によって経済的につらいからと言って、家計の負担を圧迫する保険ですが、安易に生命保険料をコストカットするのも考えものです。自分に合った保険というのは、家族構成によって変化します。子供の成長と共に、教育資金が本格的に家計を占める割合が高くなると同時に、妻が外で勤務する時間も変わってきます。様々な状況と今後のライフバランスを見据えた家計の引き締めの手段として、保険見直しの前に住宅ローンの見直しも有効です。住宅ローンの金利は低くなっていますから、諸手続き費用を入れても借り換える事で毎月の返済額および総返済額を少なくできるので長期の返済による負担額を減らすと、結果的に大幅に節約する事が可能になります。入院時は、医療費の自己負担分についてはカバーできないとローンの返済が難しくなります。無料の生命保険見直しの利用についてですが、家庭のライフプランによって効果的な提案を講じてくれますが、丁寧な説明と共に、選択肢の幅も広がります。終身型か定期保険か、それも掛け捨て保険など国内の保険に留まらず、多角的な視点から保険見直しを一緒にできるので頼りになります。

安易なコストカットよりも、いざという時の保障額を見直しでみる

生命保険料は、最低の保障額はキープしておきましょう。掛け捨ての保険への乗り換えも家計の非常時には変更の候補リストの上位に入れておきましょう。まず死亡保障ですが、定期保険よりは収入保障保険の方が保険料を安く抑えられます。最近は喫煙しなくて健康な人の為にリスクを割り引いて区分するタイプの保険料率を採用している商品でしたら、より割安にできます。但し、世帯主である大黒柱の死亡保障額は安易にカットしないで維持しておくのが大事です。医療保障についてですが、1万円以上の入院日額でしたら6000円前後にまで下げて節約する事もやむをえないという考えもあります。同じ保険会社で減額できるプランでしたら、その範囲内でコストダウンさせていくと保険の空白期間が発生してしまう心配もなくなります。やはり、終身型で保険料が高くなってしまう場合は、定期型、あるいは掛け捨て保険という選択肢が有効と言えます。保険見直しと言っても、滅多な事では死んだり、入院もないからと家計が苦しさから簡単に解約を決断するのは控えるべきです。残った住宅ローンの支払いリスクを高めない為にも夫婦の死亡保障と医療保障は最低限のラインを守りましょう。